司法書士野村孝子事務所 まごころのこもった対応をモットーに青葉台駅から徒歩3分、女性スタッフの司法書士事務所です。

0120-054-502(固定電話)
営業時間     平日 9:00~18:00
土曜日 9:00~18:00(要予約)

遺言書の作成

  1. 遺言書の種類
  2. 自分で書く遺言書
  3. 公正証書による遺言書
  4. 遺言書のススメ(特に必要な場合とは?)
  5. 遺言書はどうして必要?

遺言書の種類

遺言書は主に下記の2つがあります。

※公正証書遺言と自筆証書遺言の効力は同等で、日付の新しい方の遺言が優先します。


自分で書く遺言書

自筆で書く遺言書のメリット?

自筆証書遺言の注意点


公正証書による遺言書

公正証書遺言とは

あらかじめ打合せした内容の遺言書を、公証人に記述してもらい、公証人のほか2人以上の証人が立ち会って署名、捺印した遺言書のことです。

作成のお手続について

遺言の内容については、公証役場にてご相談下さい。

当事務所で案文を作成することも可能です。

公証役場に行く前に、法律的なことでご質問等したい・原案の下見をして欲しい等の場合は是非ご相談下さい。

公正証書遺言の証人になる業務も承っています。


遺言書のススメ ~特に遺言書の必要な場合~

遺言書は、遺言者の意思を示すために作成するのが目的ですが、 家族関係などの事情により特に遺言書を作成した方がいい場合があります。

上記は、特に遺言書を作成しておかないと、残された方が非常に困ることになったり、 本来避けられた争いを生んで苦しい思いをさせてしまったりする可能性がある方などです。

「状況が変わるかもしれないから、遺言書は将来書けばいいや」と思っている方はいらっしゃいませんか?

遺言書の内容は変えたくなったら、いつでも新しく書き直せばよいのです。

思い立ったときにまずは一度作成しておくことが、大切な方への思いやりにつながることになるのです。


遺言書はどうして必要?

自分が死亡した後、残された財産がどうなり、残された人達がどのように過ごして行くか、考えたことはあるでしょうか。

「遺言」をしていない場合、自分が死亡すると、たいていの場合「相続人による遺産分割協議」によって分配されることになります。

財産は少ないし、うちは大丈夫・・・と思っていませんか?

しかし、何故か相続が絡むと人は必要以上に神経質になるものなのです。

通常の兄弟だったのが、相続で大揉めしてしまった・・・これは本当に良くある話です。

また思わぬ相続人がいて連絡先すら分からない、全部で10人も相続人がいた等、物理的に大変な場合もあります。

遺言をすると「遺言者自身の最終の意思」で自由に財産が処分出来るようになります。

1.法定相続分で分けるよりも、それぞれの事情にあった相続財産の分配が出来る。

2.遺産分割協議で揉めることなく、相続人間の無用な争いを生まずに済む。

自分が死亡した後、残された人のことを想って作成するもの・・・それが「遺言」であると思います。


問い合わせ

業務案内

ページのトップへ戻る